前へ
次へ

インターナショナルスクール選びの注意点

インターナショナルスクールに通わせたいと考えているのであれば、学校選びには慎重になったほうがよいでしょう。例えば、日本の学校のカリキュラムとは違っている部分もあるので、日本の高校の卒業資格を得ることができないという学校もあります。ですから、出来るだけ卒業をするとどういう資格を得ることができるのか、という点に着目をしてインターナショナルスクールを探したほうがよいでしょう。中には高等部を卒業すると日本とアメリカの高校卒業認定を受けることができる学校もあります。そうすることによって、大学受験資格も得ることができます。また日本で保育園に該当をするところから入学をすることができるインターナショナルスクールもあります。保育園や幼稚園の段階から日本にいながら海外の学校に通っているような感覚を得ることができるので、早期から英語を身に付けさせたいと考えているのであれば、幼稚部がある学校をチェックしておくとよいでしょう。一般的には小学校、中学校、高校のクラスに分かれていることが多いです。そこから大学を受験しなければいけないということが多いです。それでも英語力が身に付いているので、英語に特化した学部を選択することも可能となるでしょう。担任教師もネイティブということが多いので、最初のうちは話を理解することができない、ということもあるかもしれません。それでも少しずつ話している内容も分かってくる、ということが多いので、焦ることはないでしょう。ハードルが高いと感じるようであれば、進路を切り替えることも考えてみるとよいかもしれません。その場合、今までの学校とは違う環境となってしまうので、システムの違いに驚いてしまうということもあります。子どもの適性を考慮した上で学校を選んでいく必要があります。親が無理やり入学をさせる、ということがないように本人の意思もキチンと確認した上で学校を選ぶ必要が出てくるでしょう。

Page Top